コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一絲文守 いっし ぶんしゅ

美術人名辞典の解説

一絲文守

江戸前期の臨済宗の僧。京都生。号は桐江・耕閑等。雪岑梵崟沢庵宗彭に師事。後水尾天皇帰依を受け、賀茂霊源院・丹波法常寺を開き、近江永源寺に住して再興に尽力した。書画を能くし茶道に造詣深く烏丸光広・小堀遠州松花堂昭乗等と親交があった。勅号定慧明光仏頂国師。正保3年(1646)寂、39才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

一絲文守

没年:正保3.3.19(1646.5.4)
生年:慶長13(1608)
江戸前期の臨済宗の僧。山城(京都府)生まれ。「もんじゅ」ともいう。岩倉具尭の第3子。14歳で相国寺の雪岑梵崟に,のち堺の南宗寺の沢庵宗彭に参じた。寛永3(1626)年槙尾の賢俊に就いて出家し,再び沢庵に参じたが印可はされなかった。のち妙心寺の愚堂東寔や雲居希膺につき,愚堂の法を嗣ぐ。後水尾上皇の帰依を受け,西賀茂の霊源禅院などを開き,持戒禅を唱えた。寛永20(1643)年近江の永源寺に住したが,3年後に示寂。文芸にもすぐれ烏丸光広らと親交があった。諡号は定慧明光仏頂国師。著書は『大梅山夜話』『定慧明光仏頂国師語録』(『大正蔵』81所収)など多数。<参考文献>卍元師蛮『本朝高僧伝』45巻

(藤田正浩)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

一絲文守の関連キーワード卍元師蛮荒木素白近衛信尋

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android