本朝高僧伝(読み)ほんちょうこうそうでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「本朝高僧伝」の解説

本朝高僧伝
ほんちょうこうそうでん

日本の僧侶伝記師蛮。 75巻。元禄 15 (1702) 年成立。総目,巻首,本文で構成され,1664人の人々についての伝記が記されている。三論,法相,倶舎成実華厳,密,禅,浄土に関する高僧の伝記のほかに,明神仙人,高徳な人の伝記も載せているが,親鸞日蓮については触れていない。資料が豊富でしかも公正に使用しているところから,日本仏教史の研究には不可の書。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「本朝高僧伝」の解説

本朝高僧伝【ほんちょうこうそうでん】

江戸中期の仏書。高僧伝の一つ。著者臨済宗卍元師蛮(まんげんしばん)。75巻。1702年成立。《元亨(げんこう)釈書》の欠を補うため,広く史料を集め,古代からの1662人のの伝記を収める。依拠した史料を掲げ,最も整備された僧伝であるが,日蓮宗浄土真宗の僧は一人も入っていない。本書に続くものに1867年の道契(どうけい)著《続日本高僧伝》11巻がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「本朝高僧伝」の解説

ほんちょうこうそうでん ホンテウカウソウデン【本朝高僧伝】

江戸中期の仏教書、伝記。七五巻。卍元師蛮(まんげんしばん)著。元祿一五年(一七〇二)成立。宝永四年(一七〇七。広く諸資料をさぐり、各宗派にわたって、一六六二人の高僧・諸神の伝記を載せる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「本朝高僧伝」の解説

ほんちょうこうそうでん〔ホンテウカウソウデン〕【本朝高僧伝】

江戸中期の仏教書。75巻。卍元師蛮まんげんしばん著。元禄15年(1702)成立。日本の各宗の高僧1600余人の伝記を収めたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「本朝高僧伝」の解説

ほんちょうこうそうでん【本朝高僧伝】

臨済宗の卍元師蛮(まんげんしばん)が1702年(元禄15)に著した日本で最も浩瀚(こうかん)な高僧伝。75巻。中国の高僧伝を参考に,法本,浄慧,浄禅,感進,浄律,檀興,浄忍,遠遊,読誦(どくじゆ),願雑の10科に分類して,古代から近世に至るまで各宗の僧ら1662人の伝記を収める。師蛮は若くして僧伝の編集を志し,史料の探訪に努め,1678年(延宝6)に禅僧の伝記集である《延宝伝灯録》41巻を著し,さらに各宗におよぶ完全な僧伝として本書を編集した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の本朝高僧伝の言及

【高僧伝】より

… つぎに高麗・覚訓撰《海東高僧伝》2巻は,仏教を朝鮮に流通させた諸高僧の伝であり,日本にのみ伝存された朝鮮佚書の一つでもある。日本については,聖徳太子伝を巻首におくとともに道昭より天海にいたる僧伝たる性潡撰《東国高僧伝》10巻のほか,より完備したものとして師蛮撰《本朝高僧伝》75巻とそれにつづく道契撰《続日本高僧伝》11巻が,いずれも《大日本仏教全書》に収められている。なお唐の義浄撰《大唐西域求法高僧伝》1巻は,中国より求法のためにインドに赴いた60余人の僧侶たちの伝記であり,高僧伝とは称さないが,比丘尼の事跡を収録した梁の宝唱撰《比丘尼伝》なども,一種の高僧伝とみてよかろう。…

※「本朝高僧伝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android