コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一領具足 いちりょうぐそく

大辞林 第三版の解説

いちりょうぐそく【一領具足】

戦国時代、土佐国(高知県)長宗我部氏によって行われた農兵制度。のちには土佐藩郷士の別名となる。兵農未分離の地侍。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一領具足
いちりょうぐそく

戦国時代、土佐国主長宗我部(ちょうそがべ)支配下の下級武士。中世の名主(みょうしゅ)の系譜を引く一種の農兵で、約2~3町の土地を所有し農耕に従事したが、鎗(やり)の柄(え)に草鞋(わらじ)、兵糧(ひょうろう)をくくりつけ具足とともに田の畔(あぜ)に置き、事あるときは軍役に服したのでこの名がおこった。馬一疋(いっぴき)で戦場を馳(は)せる長宗我部戦力の中核的存在で、元親(もとちか)はこれを地域ごとに「衆」として組織し、社寺造営など軍役以外にも動員した。関ヶ原の戦い後山内(やまうち)氏の入国にあたり一部の一領具足は浦戸一揆(うらどいっき)を起こしたが平定された。藩政時代には郷士(ごうし)、庄屋(しょうや)に取り立てられたが、多くは農民となって雌伏。幕末には彼らの子孫から勤王運動に挺身(ていしん)する者が出た。肥後細川藩、阿波(あわ)蜂須賀(はちすか)藩の一領一疋、薩摩(さつま)島津藩の外城衆(とじょうしゅう)などもこの類である。[山本 大]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の一領具足の言及

【土佐国】より

…【下村 効】
【近世】
 関ヶ原の戦後,土佐24万石(朱印高は20万石)の国主となったのは,遠江国掛川の城主山内(やまうち)一豊である。一豊は1601年(慶長6)浦戸城に入ったが,それに先立ち,一領具足(兵農未分離の長宗我部氏下級家臣)たちが明渡しを拒否して抗戦し273名が討死する,いわゆる浦戸一揆が起こった。一揆後,長宗我部家臣団の上層部は出国,一領具足層は帰農して兵農分離が実現した。…

【土佐藩】より

…上士のほとんどは,藩祖一豊に従って来国した家系を誇り,高知の郭中に集住した。郷士制度は,農民化していた一領具足(長宗我部氏の下級家臣)の子孫を,新田開発を条件に取り立てたことから起こり,野中兼山の執政時代に登用された初期郷士は1000人に及んだ。上士と下士の差別は根深く,幕末維新の政争にも反映した。…

※「一領具足」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一領具足の関連キーワード高知県高知市浦戸長宗我部国親一木権兵衛野中兼山土佐藩山本軍役地侍郷士

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一領具足の関連情報