コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七夕祭[仙台] たなばたまつり[せんだい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七夕祭[仙台]
たなばたまつり[せんだい]

東北三大祭りの一つに数えられる,宮城県仙台市七夕行事。8月6~8日に行なわれる。市内中央の商店街は華やかな七夕飾りで埋めつくされ,大勢の見物客でにぎわう。仙台では江戸時代,7月6日に歌をよんだ短冊や扇などの飾りを笹竹に付けて軒端に立て,牽牛星ひこぼし)と織女星おりひめ)をまつり,翌 7日にその笹竹を川に流す七夕行事があった。1873年の太陽暦採用を境に行なわれなくなっていたが,1927年に有志の商人が七夕飾りを復活させたのが今日の祭りの起源とされる。1928年からは 8月6~8日の開催となり,七夕飾りの意匠を競うコンクールも始まった。開催期間中は毎晩「星の宵祭り」として,定禅寺通りでパレードや芸能公演なども行なわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

七夕祭[仙台]の関連キーワード宮城県仙台市

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android