コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彼方此方 アチコチ

デジタル大辞泉の解説

あち‐こち【×方】

[代]指示代名詞。いろいろの場所や方向をさす。あちらこちら。あっちこっち。「彼方此方から寄付が集まる」「彼方此方歩き回る」
[形動][文][ナリ]物事の順序や位置が逆になっているさま。あべこべ。「話が彼方此方になる」「靴下を彼方此方にはく」

あちら‐こちら【×方】

[代]あちこち」に同じ。「彼方此方の名所を訪ね歩く」
[形動ナリ]あちこち」に同じ。
「―なる事を申してさまざまに難儀させ」〈浮・織留・六〉

あっち‐こっち【×方】

[代]あちこち」に同じ。「彼方此方の知人宅を泊まり歩く」

あなた‐こなた【×方】

[代]指示代名詞。あちらこちら。あれこれ。
「君の御身には、かの一節の別れより、―もの思ひとて」〈・若菜下〉

かなた‐こなた【×方】

[代]遠称の指示代名詞。いろいろの場所・方向などをさす。あちらこちら。方々。
「見渡す海原の―には三本檣(マスト)の大きな漁船が往来(ゆきき)して居る」〈荷風・ふらんす物語〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あちこち【彼方此方】

( 代 )
指示代名詞。いろいろの場所・方向を指し示す。あちらこちら。あっちこっち。 「 -歩き回る」 「 -から花便りが届く」
( 名 )
(「あちこちになる」の形で)物事の前後左右や順序がくい違うこと。あちらこちら。 「話が-になる」 → あちこちする

あちらこちら【彼方此方】

( 代 )
あちこち 」に同じ。 「 -を見回す」
( 形動 ) [文] ナリ 
あちこち 」に同じ。 「 -なる事を申して、さまざまに難儀させ/浮世草子・織留 6

あっちこっち【彼方此方】

( 代 )
〔「あちこち」の転〕
指示代名詞。「あちこち」に同じ。 「 -探しまわる」

あなたこなた【彼方此方】

( 代 )
指示代名詞。あちらこちら。あちこち。 「三々五々-に群処せり/浮城物語 竜渓

かなたこなた【彼方此方】

( 代 )
指示代名詞。いろいろの方向・地点をさす。あちらこちら。 「 -で奏し出す折からの音楽バンドにつれて/あめりか物語 荷風

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

彼方此方の関連キーワード逃げ迷う・逃迷うあめりか物語指示代名詞靴下群群遠称御身

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android