彼方此方(読み)アチコチ

デジタル大辞泉の解説

あち‐こち【×方】

[代]指示代名詞。いろいろの場所や方向をさす。あちらこちら。あっちこっち。「彼方此方から寄付が集まる」「彼方此方歩き回る」
[形動][文][ナリ]物事の順序や位置が逆になっているさま。あべこべ。「話が彼方此方になる」「靴下を彼方此方にはく」

あちら‐こちら【×方】

[代]あちこち」に同じ。「彼方此方の名所を訪ね歩く」
[形動ナリ]あちこち」に同じ。
「―なる事を申してさまざまに難儀させ」〈浮・織留・六〉

あっち‐こっち【×方】

[代]あちこち」に同じ。「彼方此方の知人宅を泊まり歩く」

あなた‐こなた【×方】

[代]指示代名詞。あちらこちら。あれこれ。
「君の御身には、かの一節の別れより、―もの思ひとて」〈・若菜下〉

かなた‐こなた【×方】

[代]遠称の指示代名詞。いろいろの場所・方向などをさす。あちらこちら。方々。
「見渡す海原の―には三本檣(マスト)の大きな漁船が往来(ゆきき)して居る」〈荷風・ふらんす物語〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あちこち【彼方此方】

( 代 )
指示代名詞。いろいろの場所・方向を指し示す。あちらこちら。あっちこっち。 「 -歩き回る」 「 -から花便りが届く」
( 名 )
(「あちこちになる」の形で)物事の前後左右や順序がくい違うこと。あちらこちら。 「話が-になる」 → あちこちする

あちらこちら【彼方此方】

( 代 )
あちこち
」に同じ。 「 -を見回す」
( 形動 ) [文] ナリ 
あちこち
」に同じ。 「 -なる事を申して、さまざまに難儀させ/浮世草子・織留 6

あっちこっち【彼方此方】

( 代 )
〔「あちこち」の転〕
指示代名詞。「あちこち」に同じ。 「 -探しまわる」

あなたこなた【彼方此方】

( 代 )
指示代名詞。あちらこちら。あちこち。 「三々五々-に群処せり/浮城物語 竜渓

かなたこなた【彼方此方】

( 代 )
指示代名詞。いろいろの方向・地点をさす。あちらこちら。 「 -で奏し出す折からの音楽バンドにつれて/あめりか物語 荷風

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あち‐こち【彼方此方】

[1] 〘代名〙 他称。いろいろの方向または地点をさし示す。また、所々方々、あれこれ、いろいろ、などの意で副詞的にも用いる。あちらこちら。あっちこっち。
※宇治拾遺(1221頃)三「牛の、あちこちありき困(こう)じたるに」
※古今集遠鏡(1793)三「こちの心がサ、花といっしょにあちこちとちっていくやうな心もちがする」
[2] 〘形動〙 逆になっているさま。あべこべ。反対。あちらこちら。あっちこっち。
※随筆・蘐園雑話(1751‐72頃)「親が子を引合すべきに、子にて親を引合すはあちこちなり」

あちら‐こちら【彼方此方】

[1] 〘代名〙 =あちこち(彼方此方)(一)
※俳諧・はりまあんご(1789)「水音もあちらこちらや朧月〈玉井〉」
[2] 〘形動〙 =あちこち(彼方此方)(二)
浮世草子西鶴織留(1694)六「あちらこちら成事を申て、さまざまに難儀させ、何十軒か此手を仕掛ける」
※浮世草子・傾城色三味線(1701)大坂「裸身に羽織をあちらこちらに着て」

あっち‐こっち【彼方此方】

(「あちこち」の変化した語)
[1] 〘代名〙 =あちこち(彼方此方)(一)
洒落本・通仁枕言葉(1781)「あっちこっちへ云ひやって、仕めへにゃァつかみ合」
[2] 〘形動〙 =あちこち(彼方此方)(二)
人情本春色辰巳園(1833‐35)三「私と仇吉んとあっち此方(コッチ)なら、おまへもそんな愚智をいって」

あっちら‐こっちら【彼方此方】

(「あちらこちら(彼方此方)」の変化した語)
[1] 〘代名〙 =あちこち(彼方此方)(一)
[2] 〘形動〙 =あちこち(彼方此方)(二)
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「『おめへの傍(そば)へ倚(よ)ると色かぶれがしてこまらア』『ヘン、きつい洒落さ。そりゃア、あっちらこっちらだよ』」

あなた‐こなた【彼方此方】

〘代名〙 他称。あちらこちら。ほうぼう。
※宇津保(970‐999頃)春日詣「宮よりはじめ奉りて、女みこたち、あまたの北の方、あなたこなたあはせてここの所」

かなた‐こなた【彼方此方】

〘代名〙 他称。いろいろの方向、または地点をさし示す。あれこれ、いろいろなどの意で副詞的にも用いる。あちらこちら。あちこち。処々方々。
※宇津保(970‐999頃)楼上下「七夕祭、かなたこなたとせさせ給へり」
※太平記(14C後)三二「継母の讒に依て、那辺這辺(カナタコナタ)漂泊し給つるが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android