コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大神宮/太神宮 ダイジングウ

2件 の用語解説(大神宮/太神宮の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だい‐じんぐう【大神宮/太神宮】

天照大神を祭る伊勢の皇大神宮(内宮)。また、天照大神
伊勢の皇大神宮(内宮)と豊受大神宮(外宮)の総称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大神宮
だいじんぐう

伊勢(いせ)神宮の宮号(きゅうごう)の一つ。『延喜式(えんぎしき)』に「大神宮三座」と記されるのは皇大神宮をさし、二所(にしょ)大神宮とあるのは豊受(とようけ)大神宮を含めた併称である。その用例は『続日本紀(しょくにほんぎ)』に多くみられる。広義には、東京大神宮や、福島の開成山大神宮、高知大神宮、山口大神宮など、天照大御神(あまてらすおおみかみ)や豊受大神(おおかみ)を祀(まつ)る諸社の社号に用いられる。[中西正幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大神宮/太神宮の言及

【伊勢神宮】より

…三重県伊勢市にある皇大神宮(図1)と豊受(とゆけ)大神宮(図2)の総称。前者を内宮(ないくう),後者を外宮(げくう)といい,両宮を併せて伊勢大神宮,大神宮,二所大神宮などとも呼ばれたが,現在では,神宮を正式の名とし,一般に伊勢神宮と呼ばれている。…

※「大神宮/太神宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大神宮/太神宮の関連キーワード伊勢神宮皇大神宮豊受大神宮皇大神芝大神宮天照皇大神宮内宮二所大神宮荒祭の宮伊勢の二柱

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone