コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大神宮/太神宮 ダイジングウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大神宮
だいじんぐう

伊勢(いせ)神宮の宮号(きゅうごう)の一つ。『延喜式(えんぎしき)』に「大神宮三座」と記されるのは皇大神宮をさし、二所(にしょ)大神宮とあるのは豊受(とようけ)大神宮を含めた併称である。その用例は『続日本紀(しょくにほんぎ)』に多くみられる。広義には、東京大神宮や、福島の開成山大神宮、高知大神宮、山口大神宮など、天照大御神(あまてらすおおみかみ)や豊受大神(おおかみ)を祀(まつ)る諸社の社号に用いられる。[中西正幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大神宮/太神宮の言及

【伊勢神宮】より

…三重県伊勢市にある皇大神宮(図1)と豊受(とゆけ)大神宮(図2)の総称。前者を内宮(ないくう),後者を外宮(げくう)といい,両宮を併せて伊勢大神宮,大神宮,二所大神宮などとも呼ばれたが,現在では,神宮を正式の名とし,一般に伊勢神宮と呼ばれている。…

※「大神宮/太神宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大神宮/太神宮の関連キーワード北海道檜山郡江差町姥神町三重県伊勢市豊川町大神宮の女郎買い千葉県船橋市宮本福井県越前市京町大神宮・太神宮止由気宮儀式帳天照皇大神宮五十鈴の宮北村 サヨおどる宗教二所大神宮稲依比女命松木満彦神宮大麻二所宗廟出雲神社荒祭の宮踊る宗教五十鈴宮

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android