万秋楽(読み)マンジュウラク

  • まんじゅうらく マンジウラク
  • まんじゅうらく〔マンジウラク〕
  • まんじゅらく

精選版 日本国語大辞典の解説

雅楽の曲名。唐楽、盤渉(ばんしき)調の大曲。六人または四人で舞う。百済国から波羅門僧正が伝えた。曼荼万秋楽。まんずらく。まんじゅらく。ばんしゅうらく。出世成道楽。〔二十巻本和名抄(934頃)〕
※太平記(14C後)二四「左右の伶倫何れも皆幄より起て、参向の儀有て、万秋楽(マンシュラク)の破を奏して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android