コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地久 チキュウ

4件 の用語解説(地久の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ち‐きゅう〔‐キウ〕【地久】

《「老子」7章の「天長地久」から》大地が永久に変わらず存在すること。

ちきゅう【地久】[曲名]

雅楽。高麗楽(こまがく)。高麗双調の準大曲。舞は四人または六人で、襲(かさね)装束に鼻高の朱面をつけ、鳳凰(ほうおう)形の甲(かぶと)をかぶる。番舞(つがいまい)万秋楽。円地楽。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちきゅう【地久】

雅楽の舞楽の曲名。高麗楽にふくまれ高麗双調(そうぢよう)。四人舞の文ノ舞(平舞)。別名を円地楽,地久楽,円池楽という。番舞(つがいまい)は《万秋楽》。右方襲(かさね)(常)装束を着て両肩ともぬがずに,鳳凰甲をかぶり,赤い大きな鼻をした温和な面相の人面をつけて舞う。高麗楽の多くのものと同様に由来などを記載した記録が少なく詳細は不明。演奏次第は,高麗双調音取(ねとり)―破(四拍子,登場および当曲舞)―急(四拍子,当曲舞および退場)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちきゅう【地久】

〔老子「天長地久」〕 大地がいつまでも変わらずにあること。
舞楽の一。右方に属する新楽で、双調そうぢようの準大曲。六人舞で、常装束つねそうぞくに、鼻高の朱面、鳳凰ほうおうをのせた甲かぶとをつける。地久楽。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地久の関連キーワード延喜楽貴徳高麗楽青海波納曾利古鳥蘇埴破新鳥蘇狛桙新靺鞨

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地久の関連情報