コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万緑叢中紅一点 バンリョクソウチュウコウイッテン

デジタル大辞泉の解説

万緑(ばんりょく)叢中(そうちゅう)紅(こう)一点

王安石「詠柘榴詩」から。あたり一面の新緑の中に赤い花が一輪だけ咲いている意》
多くの男性の中に、一人だけ女性がいることのたとえ。紅一点。
多くのものの中に、ただ一つだけ目立つものがまじっていることのたとえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

万緑叢中紅一点

多くの男性の中に女性が一人いること。もとは王安石の詩の一句で、この後に「人の心を動かす春色はほんのわずかこそがいいのだ」と続く。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

ばんりょくそうちゅうこういってん【万緑叢中紅一点】

〔「書言故事花木類、紅一点」に引く王安石「石榴詩」から〕
一面の緑の中にただ一点の紅花があって、美しく目立つこと。
多くの男性の中に、ただ一人の女性がまじっていること。紅一点。
多くのものの中で、ただ一つすぐれて目立つこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

万緑叢中紅一点の関連キーワード紅一点紅花万緑

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android