コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤い花 あかいはな Krasnyi tsvetok

3件 の用語解説(赤い花の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤い花
あかいはな
Krasnyi tsvetok

ロシアの作家 V.ガルシン短編小説。 1883年発表。精神病院の庭に咲く3本の赤いケシの花を,社会悪の化身と考えた狂気の主人公が,人類をこの悪から永久に解放しようとしてその花をもぎ取り,悪をわが身ひとつに受止めながら,みずからもその毒気に打たれて死んでいく,という狂気と幻想の内面世界をみごとに浮彫りにした作品。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あかいはな【赤い花】

ロシアの作家ガルシンの小説。1883年刊。自らの精神病院入院の体験に基づいて書かれた。主人公の患者は悪の象徴である「赤い花(ケシ)」との闘いに命をかける。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤い花
あかいはな
Красный цветок Krasny tsvetok

ロシアの作家ガルシンの短編小説。1883年発表。精神科病院の入院患者が主人公で、彼は病院で真紅のケシの花をみつけ、それが地上の悪の象徴のように思われてむしり取り、自らも翌日死んでしまう。これは、作者ガルシンの再度にわたる入院体験をもとにして、社会悪と戦って自ら犠牲として滅びてゆく知識人の悲劇を象徴したもので、後のチェーホフの『六号室』の先駆をなすものである。殉教的な香りの高い異色ある作品といえる。[中村 融]
『神西清訳『あかい花』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤い花の関連キーワードスペードの女王短編小説蒼ざめた馬を見よ愛と苦しみあの夕陽喪神ガルシアの首二十一の短編ロシアの恋人オドーエフスキー

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤い花の関連情報