コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤い花 あかいはなKrasnyi tsvetok

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤い花
あかいはな
Krasnyi tsvetok

ロシアの作家 V.ガルシンの短編小説。 1883年発表。精神病院の庭に咲く3本の赤いケシの花を,社会悪の化身と考えた狂気の主人公が,人類をこの悪から永久に解放しようとしてその花をもぎ取り,悪をわが身ひとつに受止めながら,みずからもその毒気に打たれて死んでいく,という狂気と幻想の内面世界をみごとに浮彫りにした作品。作者がハリコフの精神病院に入院したときの体験をもとに,当時のナロードニキ自己犠牲の精神を象徴的に描いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

あかいはな【赤い花】

ロシアの作家ガルシンの小説。1883年刊。自らの精神病院入院の体験に基づいて書かれた。主人公の患者は悪の象徴である「赤い花(ケシ)」との闘いに命をかける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤い花
あかいはな
Красный цветок Krasny tsvetok

ロシアの作家ガルシンの短編小説。1883年発表。精神科病院の入院患者が主人公で、彼は病院で真紅のケシの花をみつけ、それが地上の悪の象徴のように思われてむしり取り、自らも翌日死んでしまう。これは、作者ガルシンの再度にわたる入院体験をもとにして、社会悪と戦って自ら犠牲として滅びてゆく知識人の悲劇を象徴したもので、後のチェーホフの『六号室』の先駆をなすものである。殉教的な香りの高い異色ある作品といえる。[中村 融]
『神西清訳『あかい花』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤い花の関連情報