コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三ケ島葭子 みかしま よしこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三ケ島葭子 みかしま-よしこ

1886-1927 明治-大正時代の歌人。
明治19年8月7日生まれ。新詩社をへて大正5年「アララギ」同人となり,島木赤彦に師事。10年赤彦と確執を生じ,古泉千樫(こいずみ-ちかし)の「日光」に参加。病苦,夫の背信,子への愛をうたった。昭和2年3月26日死去。42歳。埼玉県出身。埼玉女子師範中退。本名はよし。歌集に「吾木香(われもこう)」。
【格言など】答ふべきわれかと思ひ片言をふと言ひそめし子にをののきぬ(「吾木香」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三ケ島葭子の関連キーワード三ケ島 葭子原 阿佐緒8月7日大原富枝原田 琴古泉千樫左 卜全

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三ケ島葭子の関連情報