コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芦屋道満大内鑑 あしやどうまんおおうちかがみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芦屋道満大内鑑
あしやどうまんおおうちかがみ

浄瑠璃。時代物。5段。1世竹田出雲作。享保 19 (1734) 年大坂竹本座初演。宮廷内の勢力争いを軸として,安倍保名 (やすな) と芦屋道満の陰陽道の争いや,保名信太 (しのだ) の森の白狐と契り陰陽師 (おんようじ) 安倍晴明が誕生したという伝説を脚色したもの。中心となる3段目では,道満が父将監の犠牲を得て,主人左大将元方の陰謀を止める物語が語られる。また今日までしばしば上演される4段目「葛の葉子 (狐) 別れ」では,竹本座の中心主題である親子の恩愛が感銘深く描かれている。この4段目信太の森二人奴のくだりで,人形の三人遣いが創始された。歌舞伎でも翌 20年京都で初演以来流行した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

芦屋道満大内鑑【あしやどうまんおおうちかがみ】

葛(くず)の葉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芦屋道満大内鑑
あしやどうまんおおうちかがみ

浄瑠璃義太夫(じょうるりぎだゆう)節。時代物。5段。竹田出雲(たけだいずも)作。1734年(享保19)10月大坂・竹本座初演。翌年の1735年2月京都・中村富十郎座で歌舞伎(かぶき)化された。和泉(いずみ)国(大阪府)信太森(しのだのもり)の白狐(びゃっこ)が安倍保名(あべのやすな)と契って陰陽師(おんみょうじ)安倍晴明(あべのせいめい)を生んだという「信太妻(しのだづま)」の伝説が題材で、同系の古浄瑠璃、歌舞伎劇を集大成した作品である。初段~三段―天文博士加茂保憲(かものやすのり)の秘書『金烏玉兎集(きんうぎょくとしゅう)』をめぐる安倍保名と芦屋道満(あしやのみちたる)の相続争いで、保名の恋人榊の前(さかきのまえ)は岩倉治部らの陰謀により自殺する。悲しんで心狂った保名は恋人の小袖(こそで)を抱いてさまようが、榊の前の妹、葛の葉(くずのは)の介抱で本復する。岩倉の臣石川悪右衛門(いしかわあくえもん)は主人の野望に必要な白狐を狩るが、その狐(きつね)を保名が救う。四段(保名内、信太森)―保名は葛の葉と夫婦になり一子童子(どうじ)を設け、阿部野の里に住んでいたが、この葛の葉は白狐が化けたもので、6年後、真実の葛の葉が訪ねてくると、童子に名残(なごり)を惜しみ、「恋しくば尋ねきてみよ和泉なる信太の森のうらみ葛の葉」の歌を残して古巣へ立ち去る。
 異類婚姻譚(いるいこんいんたん)の代表作で、四段目「葛の葉子別れ」が眼目。歌舞伎では狐と葛の葉姫の二役を早替りで演じ、歌を障子に書くのに左手や口を使う技巧をくふうした。清元(きよもと)の舞踊『保名』は、二段目「小袖物狂(こそでものぐるい)」の改作。なお、保名を襲う悪右衛門一味を奴(やっこ)与勘平(よかんぺい)が追い払う「信太森」は、狐が与勘平とそっくり同じ姿で出て悪人らを翻弄(ほんろう)するが、この役で初めて人形の三人遣いの形式が発明されたという。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

芦屋道満大内鑑の関連キーワード中村 仲蔵(3代目)吉田文三郎人形浄瑠璃難波土産義太夫節信田妻浄瑠璃景事

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

芦屋道満大内鑑の関連情報