コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三共 さんきょう

2件 の用語解説(三共の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三共
さんきょう

第一三共」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三共
さんきょう

製薬会社の旧名称。創業者塩原又策(またさく)(1877―1955)が友人2人と共同で1899年(明治32)に三共商店を設立、高峰譲吉がアメリカで発見、特許を取得した「タカジアスターゼ」の輸入販売を開始。1912年(大正1)には鈴木梅太郎が世界で初めて発見したビタミン、「オリザニン」を製品化した。1913年に三共(株)を設立、第一次世界大戦下の薬品輸入の途絶期に、相次いで新薬の国産化に成功した。第二次世界大戦後は1951年(昭和26)に抗生物質クロラムフェニコール(商品名「クロロマイセチン」)を国産化、61年には活性ビタミン剤「ビオタミン」を発売、89年(平成1)には高脂血症治療剤「メバロチン」を発売した。アメリカのファイザー社、イギリスのグラクソ・スミスクライン社など有力メーカーとの提携も多かった。2005年9月、第一製薬と共同持株会社、第一三共を設立し、その完全子会社となったのち、07年4月第一製薬とともに第一三共に吸収合併された。三共株式会社の資本金687億円(2005)、売上高3401億円(2005)。[中村清司]
『三共百年史編集委員会編『三共百年史』『三共百年史 資料編』(2000・三共株式会社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三共の関連情報