コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木梅太郎 すずきうめたろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鈴木梅太郎
すずきうめたろう

[生]1874.4.7. 静岡
[没]1943.9.20. 東京
農芸化学者。東京帝国大学農科大学卒業 (1896) 。米ぬかからフィチンの抽出,フィターゼの発見,脚気予防効果のあるオリザニン (ビタミン B1 ) の発見,大豆中のウレアーゼの発見,合成清酒の完成,ビタミンA,B,C,D,Lなどの研究,蛋白質の栄養価に関する研究などの事績によって知られる。東京帝国大学教授 (1907~33) 。満州大陸科学院院長 (37~41) 。 1924年帝国学士院賞受賞,43年文化勲章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

すずき‐うめたろう〔‐うめタラウ〕【鈴木梅太郎】

[1874~1943]農芸化学者。静岡の生まれ。東大教授。明治42年(1909)米ぬかから脚気(かっけ)に効く成分(ビタミンB1)の抽出に成功、オリザニンと命名。翌年発表し、ビタミン発見の先駆をなした。文化勲章受章。著「ビタミン」「ホルモン」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鈴木梅太郎【すずきうめたろう】

農芸化学者。静岡県の生れ。1896年東大卒,大学院で植物生理化学を専攻,1901年―1906年ヨーロッパに留学,1907年東大教授となり,1910年米ぬかからオリザニン(ビタミンB1)を抽出,ビタミン学説の基礎を築いた。
→関連項目オリザニン三共[株]ビタミン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木梅太郎 すずき-うめたろう

1874-1943 明治-昭和時代前期の農芸化学者,栄養化学者。
明治7年4月7日生まれ。ドイツでエミール=フィッシャーに師事。帰国後東京帝大教授,理化学研究所員となる。明治43年米ぬかからオリザニン(ビタミンB1)をとりだし,ビタミン学研究の先駆者となった。昭和18年文化勲章。昭和18年9月20日死去。70歳。静岡県出身。帝国大学卒。著作に「植物生理化学」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すずきうめたろう【鈴木梅太郎】

1874‐1943(明治7‐昭和18)
農芸化学者。静岡県に生まれる。1896年東京帝国大学農科大学卒業後,大学院に入って植物生理学を専攻。1900年同大学助教授,翌年文部省留学生としてヨーロッパに渡り,スイス,ドイツに遊学,とくにベルリンのE.フィッシャーについてタンパク質の研究にあたった。06年帰国し盛岡高等農林学校教授,翌年母校教授(1907‐34)。10年米ぬかから抗脚気の有効成分ビタミンB1の抽出に成功,オリザニンと命名した。17年理化学研究所設立とともに同研究委員となり,栄養化学および合成酒(いわゆる〈理研〉),サリチル酸,乳酸などの研究・製造に従事した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すずきうめたろう【鈴木梅太郎】

1874~1943) 農芸化学者。静岡県生まれ。東大教授。理化学研究所員。1910年(明治43)オリザニン(ビタミン B1 )を発見、その他、合成酒の製造など応用化学に業績をあげた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鈴木梅太郎
すずきうめたろう
(1874―1943)

農芸化学者、栄養化学者。静岡県榛原(はいばら)郡堀野新田村(現、牧之原(まきのはら)市堀野新田)に、農家の次男として生まれる。1888年(明治21)上京し、翌1889年東京農林学校(1890年帝国大学農科大学と改称)に入学、1896年農科大学農芸化学科を卒業、大学院に進み、クワの萎縮病(いしゅくびょう)の原因を研究。在学中に古在由直(こざいよしなお)、レーブらに学ぶ。1900年(明治33)農科大学助教授となり、1901年欧州に留学、ドイツのE・フィッシャーのもとでタンパク質化学を研究し、1906年帰国、同年盛岡高等農林学校教授、翌1907年東京帝国大学農科大学教授となる(~1934)。この間、理化学研究所創設に参加し、1917年(大正6)主任研究員となり、また満州国大陸科学院長を務めた(1937~1941)。
 留学中、日本人の体格が貧弱なのは米食が原因ではないかと考え、帰国後、米のタンパク質の研究を始め、また脚気(かっけ)の原因の白米説に興味をもち、その実験的研究を開始し、脚気に効く成分を米糠(こめぬか)から得てアベリ酸(のちオリザニン)と命名、これは新栄養素であろうと1910年12月13日の東京化学会例会で発表し、ビタミン発見の先駆をなした(鈴木の論文発表は1911年2月。ドイツのC・フランクは独立に同じ物質を得、ビタミンと命名して1912年に論文発表)。第一次世界大戦で輸入の途絶したサルバル酸、サリチル酸など医薬品の工業的製造、米を使わない合成清酒「理研酒」の発明と量産、ビタミン剤の製造にも成功した。1924年「副栄養素の研究」により学士院賞受賞、1943年(昭和18)文化勲章を受章。妻は建築学者辰野金吾(たつのきんご)の娘、須麿子(すまこ)である。著書に『植物生理化学』(1940)、『鈴木梅太郎博士論文集』(第1巻『植物生理の研究』〈1944〉など全5巻)、『研究の回顧』(1943)がある。[道家達將]
『鈴木梅太郎先生伝刊行会編『鈴木梅太郎先生伝』(1967・朝倉書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鈴木梅太郎の言及

【合成清酒】より

…また四季を通じて製造可能である経済上の利点も兼ねている。
[沿革]
 1918年富山県下で米騒動が起こり,これが全国に広がって,人口と食糧の問題がやかましく叫ばれた時代を背景として,鈴木梅太郎は米を使用しないで科学的に酒をつくる新規な着想のもとに,21年それの基本となる製造法を発明した(清酒代用飲料製造法)。この酒の製造・指導および普及は,理化学研究所が中心になっておこなわれたので〈理研酒〉とよばれ,また合成的に酒がつくられるから〈合成酒〉ともよばれた。…

【ビタミン】より

… 同じころ,イギリスのF.G.ホプキンズもラットの飼育実験で,純粋な糖質,脂肪,タンパク質および塩類からなる飼料だけではその成長に不十分であり,全乳を添加すると完全になることを見いだし,全乳中に微量の〈副栄養素〉が含まれると発表した(1906)。 こうしたなかで,はじめて詳しい化学実験をしたのは鈴木梅太郎であった。1910年,彼は米ぬかから有効成分の単離に成功し,12年これにイネの学名Oryza sativaにちなんでオリザニンOrizaninと名づけた。…

【フィッシャー】より

…第1次大戦中は,資源・食糧問題の解決に活躍し,戦後復興にも努力した。なお,鈴木梅太郎をはじめ,彼の研究室に学んだ日本人化学者は多い。【梶 雅範】。…

※「鈴木梅太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鈴木梅太郎の関連キーワードフィッシャー(Emil Hermann Fischer)エミール・H. フィッシャービタミン発見への道のり日本の医学史(年表)日本科学史(年表)オイラー=ケルピンビタミンビーいち日本科学史川上 行蔵アイクマン丹下 ウメ三共[株]高橋克巳高橋克己志方益三飴山 実丹下ウメ第一三共川上行蔵化学遺産

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鈴木梅太郎の関連情報