コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三合 さんごう

大辞林 第三版の解説

さんごう【三合】

陰陽道おんようどうでいう厄年の一。太歳・太陰・客気の三神が合すること。災害が多いという。
金星・木星・火星が重なり合うこと。凶兆。三星合。 「すでに犯分に-のよりあひたりけるに/愚管 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

占い用語集の解説

三合

十二支のうちの特定の三支が結びつくこと。三合会局とも言う。それぞれ四正にある卯・午・酉・子を中心に、亥・卯・未の三木局、寅・午・戌の三合火局、巳・酉・丑の三合金局、申・子・辰の三合水局がある。三支の中心になる旺支の五行に合わせ変化し、旺支の五行の力が強くなる。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

三合の関連キーワード小糠三合あるならば入り婿すな庄川(川)如し・若し粕取り雑誌林爽文の乱小糠・粉糠森田悟由芋羊かん入れ子枡恵州事件秘密結社呉玉章十合枡保皇会小刀会天地会林爽文心頼み伊吹山那彦成

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三合の関連情報