三合(読み)さんごう

精選版 日本国語大辞典「三合」の解説

さん‐ごう ‥ガフ【三合】

〘名〙
① 陰陽道でいう厄年の一つ。暦の上で一年に大歳・太陰・客気の三神すること。これを大凶とし、この年は天災、兵乱などが多いとする。三合歳。三合の年。
※続日本紀‐天平宝字二年(758)八月丁「案九宮経、来年己、当三合
② (「こぬかさんごう(小糠三合)」の略) わずかな財産や食糧のたとえ。俗に「小糠三合あるならば入り婿すな」といわれる。
※雑俳・長ふくべ(1731)「むねんがる三合なふてのあのごたく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

占い用語集「三合」の解説

三合

十二支のうちの特定三支が結びつくこと。三合会局とも言う。それぞれ四正にある卯・・子を中心に、亥・卯・未の三合木局、・午・の三合火局、巳・酉・の三合金局、申・子・の三合水局がある。三支の中心になる旺支の五行に合わせ変化し、旺支の五行の力が強くなる。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android