コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田荘 おおたのしょう

百科事典マイペディアの解説

太田荘【おおたのしょう】

信濃国水内(みのち)郡の荘園。現長野県上水内郡東南部から長野市北部にかけた一帯。近衛家領。1221年地頭職が島津氏に与えられ,その子孫が相承政所(まんどころ)は神代(かしろ)郷に置かれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太田荘
おおたのしょう

現在の長野市豊野(とよの)町のあたりを中心に、善光寺平(ぜんこうじだいら)北東部の低平な丘陵先端に位置した摂関家の荘園。田数340余町という大荘で、惣政所(そうまんどころ)のあった神代(かじろ)郷や津野、大倉、石村などの諸郷からなる。院政期の年貢は極上の麻布で、預所(あずかりどころ)から御倉町(おくらまち)別当を通じて京上され、宇治殿忠実(ただざね)の御覧を経て収納された。鎌倉期には島津忠久(ただひさ)や金沢実時(かねさわさねとき)が郷地頭となり、領家年貢は地頭請で代銭納され、島津氏の地頭得分は代官により薩摩(さつま)国元まで送進された。なお実時の地頭職はその後金沢称名寺に寄進され、南北朝期には島津氏の侵食にあい、また領家職は山城(やましろ)国東福寺海蔵院に寄進され、室町期には守護請となった。この間、在地では千曲(ちくま)川流域の自然堤防上の諸郷が開発され、薩摩島津氏から分立した信濃(しなの)島津氏の在地支配が進み、荘園組織は有名無実化した。[井原今朝男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

太田荘の関連キーワード足利政氏館甲山[町]宇佐輔景尾藤景綱三善康連足利尊氏田口和美伊作宗久金沢実時但馬国尾道市東福寺称名寺鷲城領家荘務

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太田荘の関連情報