コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三大 さんだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三大
さんだい

仏教用語。人間の心の本体 (体) と姿 (相) と働き (用) の3つをいう。それらは広大無辺であるので,「大」と称する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さん‐だい【三大】

仏語。体大・相大・用大(ゆうだい)の称。人間の心の本体・すがた(相)・作用が、本来は広大無辺であることをいう。大乗起信論は、心の実体である真如を体大、その真如が無量の徳を備えることを相大、真如が人に善を行わせる作用を用大と説く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんだい【三大】

〘仏〙 体大・相大・用大の総称。人々の心の本体である真如(体)、その現れた姿(相)、そのはたらき(用)がそれぞれ無限であること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三大の関連キーワードゴドルフィン・アラビアンダームストラング専門学校ボーバトン魔法アカデミー宮崎県延岡市東本小路明治の森高尾国定公園ダーレー・アラビアンバイアリー・ターク日本組合基督教会PFCバランス倶利迦羅不動尊京都名産すぐき三大革命運動先天性欠如歯石清水八幡宮大生郷天満宮日本三大和牛小栗栖香頂キリスト教本門の戒壇本門の本尊

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三大の関連情報