コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三奇橋 サンキキョウ

デジタル大辞泉の解説

さん‐ききょう〔‐キケウ〕【三奇橋】

日本の橋のうち、構造が変わっていて珍しい三つの橋。特に、山口県岩国川の錦帯(きんたい)橋、山梨県桂川の猿橋(さるはし)、富山県黒部川の愛本(あいもと)橋(昔のはね橋形式のもの)をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さんききょう【三奇橋】

日本の古橋の中でとくに構造的に変わったものとしてあげられてきた岩国(山口県)の錦帯橋,甲斐(山梨県)の猿橋,黒部(富山県)の愛本橋をいう。愛本橋の代りに木曾(かけはし)あるいは祖谷(いや)(徳島県)のかずら橋を入れる説もあるが,桟はけわしい崖に沿って板をかけ渡した橋で,構造的には上述の諸橋ほどの特色はない。錦帯橋は1673年(延宝1)に創建された木造アーチを主体とする優美な橋,猿橋は少なくとも13世紀以前にはつくられていたに違いないはね木橋である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんききょう【三奇橋】

構造が特異な三つの橋。すなわち山口県錦川の錦帯橋、山梨県桂川の猿橋、富山県黒部川の愛本あいもと橋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三奇橋の関連キーワード山梨県大月市名数小辞典橋(はし)宇奈月愛本峡大月市大月

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android