持味(読み)もちあじ

精選版 日本国語大辞典「持味」の解説

もち‐あじ ‥あぢ【持味】

〘名〙
① その食品などにもとから備わっている味。
※明治世相百話(1936)〈山本笑月〉甘党随喜の名代汁粉「明治時代には名代の汁粉屋も多く、それぞれ自家特製の持味に御膳、田舎、小倉、塩餡乃至は白餡の上品まで口当りのよさ」
② ある人物や芸術作品などのもつ、そのもの独特の趣。
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生の顔「家常茶飯のうちにおのづとにじみ出てゐる人そのものの持ち味である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「持味」の解説

もち‐あじ〔‐あぢ〕【持(ち)味】

その食物が本来もっている味。「材料の持ち味を生かした料理」
その人物・作品などがもつ独特のよさや味わい。「持ち味がよく出ている作品」
[類語](1味わい五味香味風味フレーバー/(2醍醐味味わい売り強み長所特長見どころ取り柄美点身上魅力特色特質特性本領売り物真価真骨頂真面目本調子セールスポイントチャームポイントストロングポイントメリット

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android