三惑(読み)さんわく

精選版 日本国語大辞典「三惑」の解説

さん‐わく【三惑】

〙 (連声で「さんなく」「さんまく」とも)
仏語天台宗で、一切の煩悩をいう。すなわち、見思(けんじわく)(=見惑と思惑)、塵沙(じんじゃわく)無明(むみょうわく)の総称。
※日蓮遺文‐四恩鈔(1262)「某は愚痴の凡夫血肉の身也。三惑一分も断ぜず」
② 三つの迷い。
※蒙求和歌(1204)一〇「われに三惑あり。一には酒にまどひ、二は色にまどひ、三はたからにまどふ」

さん‐なく ‥ワク【三惑】

〘名〙 (「さんわく」の連声) ⇒さんわく(三惑)

さん‐まく ‥ワク【三惑】

〘名〙 (「さんわく」の連声) ⇒さんわく(三惑)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「三惑」の解説

【三惑】さんわく

酒・色・。〔後漢書、楊伝〕楊の仲子秉、性、酒を飮まず。早く夫人(うしな)ひ、に復た娶らず。~言ひて曰く、に三不惑り、酒・色・財なりと。~贊に曰く、震は四知を畏れ、秉は三惑を去ると。

字通「三」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報