コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三成重敬 みなり しげゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三成重敬 みなり-しげゆき

1874-1962 明治-昭和時代の歴史家。
明治7年生まれ。31年から昭和29年まで東大の史料編纂(へんさん)所につとめ,黒板勝美のもとで正倉院文書などの整理,編纂にあたった。また縁者である小泉八雲への資料提供や,八雲の妻小泉節子の「思い出の記」刊行に尽力した。昭和37年2月16日死去。88歳。島根県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三成重敬の関連キーワード昭和時代歴史家明治

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android