コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三教図 さんきょうずsan-jiao-tu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三教図
さんきょうず
san-jiao-tu

中国の儒教,仏教,道教の三教は究極において一致する,という思想から生れた画題孔子釈迦老子の3教を同一画面に描くものが多い。三教一致の思想が成立した魏・晋時代頃から盛んに描かれた。宋代には馬遠が描いたことが知られ,以後多くの画家が題材として扱った。日本でも室町時代の水墨画に例が多く,相国寺両足院蔵の伝如拙筆『三教図』が著名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さんきょう‐ず〔サンケウヅ〕【三教図】

道釈画の画題の一。儒教・仏教・道教の三教の祖、孔子・釈迦(しゃか)・老子を一緒に描くもの。三教一致の考えに基づく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんきょうず【三教図】

画題の一。儒・仏・道三教の祖、すなわち孔子・釈迦・老子を一幅に描くもの。三教が根本では一致するという考えを表す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三教図の関連キーワード道釈画根本一幅

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android