コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三枝守昌 さいぐさ もりまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三枝守昌 さいぐさ-もりまさ

1585-1640* 江戸時代前期の武将。
天正(てんしょう)13年生まれ。三枝昌吉(まさよし)の子。徳川秀忠の小姓をつとめ,大坂の陣に参加。元和(げんな)8年徳川忠長につかえたが,忠長幽閉にともない陸奥(むつ)棚倉(福島県)に蟄居(ちっきょ)。寛永15年徳川家光に召しかえされて安房(あわ)(千葉県)に1万石をあたえられた。寛永16年閏(うるう)11月29日死去。55歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三枝守昌の関連キーワードキリシタンシェークスピアピューリタン革命ブラガンサ朝四国征伐安土桃山時代(年表)ピューリタン革命パチェコエキュジョアン[4世]

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android