コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三池炭鉱爆発事故 みいけたんこうばくはつじこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三池炭鉱爆発事故
みいけたんこうばくはつじこ

1963年 11月9日に発生した三井鉱山三池鉱業所三川鉱の爆発事故。同日,第1斜坑口から約 500mの地点でガス爆発が起きた。爆発時坑内には 1220人が入坑していたが死者は 458人となり,さらに 630人が一酸化炭素中毒におかされた。原因は昇坑中の炭車の連結器がはずれたため炭車が暴走し,高圧線を切断し,このため火花が炭塵に引火して爆発したもの。犠牲者は日本の炭坑爆発事故中最大のものであった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三池炭鉱爆発事故の関連情報