コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三波石 さんばいし

大辞林 第三版の解説

さんばいし【三波石】

群馬・埼玉の県境を流れる神流かんな川中流の峡谷に見られる美しい結晶片岩。青緑色を基調とし、赤・白・黄褐色の縞が走る。天然記念物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

さんばせき【三波石】

群馬の日本酒。酒名は「竹に雀」であったが、昭和13年(1938)近くの銘石にちなんだ現酒名に改称主力の普通酒はやや辛口味わい。ほかに純米吟醸酒、吟醸酒、本醸造酒がある。仕込み水は自家井戸水。蔵元の「田島酒造店」は天保6年(1835)創業所在地藤岡市神田。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんばいし【三波石】

庭石,観賞石の一種。群馬・埼玉両県の境を流れる神流(かんな)川中流より産出する岩石で庭石として喜ばれる。割れ目が多数平行に入り,淡緑や淡赤褐色を呈する美しい岩石である。これが露出する群馬県鬼石町の三波石峡は,名勝地,天然記念物に指定されている。緑色の岩石は緑泥石片岩といい,古生層の凝灰質泥岩が強い圧力を受けて変成した結果の産物である。同質の岩石は日本の各地に分布し,三波川型結晶片岩と呼ばれている。【小林 巌雄】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の三波石の言及

【鬼石[町]】より

…中心集落の鬼石は,神流川上流の山地を後背地とする市場町として発達した谷口集落である。庭石として珍重される三波(さんば)石を産し,石材業,造園業が盛ん。1967年に神流川に下久保ダムがつくられてから三波石の採取量が減り,全国から原石を集め,加工・販売するようになった。…

【結晶片岩】より

…日本には領家変成帯などに緑色片岩相の片岩が,三波川(さんばがわ)変成帯などにランセン石片岩相の片岩が広く分布している。三波川変成帯に分布する片岩は三波石とよばれ,建築装飾材として利用されている。【鳥海 光弘】。…

※「三波石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三波石の関連キーワード埼玉県児玉郡神川町矢納埼玉県児玉郡神川町上武県立自然公園群馬県藤岡市譲原三波川変成帯群馬県藤岡市下久保ダム神泉[村]鬼石[町]神川町神流湖神流川黄褐色石材県境基調神泉峡谷

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android