コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三浦安 みうら やすし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦安 みうら-やすし

1829-1910 幕末-明治時代の武士,官僚。
文政12年8月18日生まれ。伊予(いよ)(愛媛県)西条藩士。本藩の紀伊(きい)和歌山藩籍にうつり,外交役をつとめる。慶応3年坂本竜馬のいろは丸沈没事件を処理。このため竜馬暗殺への関与をうたがわれ,海援隊士におそわれて負傷した。維新後は東京府知事,宮中顧問官歴任貴族院議員明治43年12月11日死去。82歳。本姓は小川。通称は休太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

三浦安

没年:明治43.12.11(1910)
生年:文政12.8.18(1829.9.15)
幕末の紀州(和歌山)藩士,明治の官僚。通称休太郎。紀州藩の支藩伊予西条藩(愛媛県)藩士小川武貴の子に生まれ,徳川慶福(家茂)の将軍継嗣擁立にかかわり,紀州藩に籍を移されて藩要路に上る。慶応3(1867)年4月,藩船明光丸が海援隊操縦のいろは丸を沈没させる事件が発生,折衝して賠償金を支払う。同年11月坂本竜馬暗殺があり,その犯人とみなされ,陸奥宗光ら海援隊士に襲われて負傷。明治3(1870)年藩政に復帰,のち新政府に出仕元老院議官,貴族院議員,東京府知事,宮中顧問官を歴任した。

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

三浦安の関連キーワード三浦休太郎三浦安針墓中井庄五郎中村春堂三浦明敬明治時代排耶書没年

三浦安の関連情報