三浦銕太郎(読み)みうら てつたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦銕太郎 みうら-てつたろう

1874-1972 明治-昭和時代の経済評論家。
明治7年3月20日生まれ。東洋経済新報社にはいり,植松考昭(こうしょう)のあとをついで大正元年主幹となる。自由主義をかかげ,小日本主義を主張して大国主義時流を批判した。昭和47年5月8日死去。98歳。静岡県出身。東京専門学校(現早大)卒。著作に「世界転換史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三浦銕太郎の言及

【東洋経済新報】より

…1919年10月4日号から週刊となる。植松考昭,三浦銕太郎(てつたろう),石橋湛山らが軍国主義,帝国主義に抵抗して,自由主義的民主主義の論陣を張った。そのため,第2次大戦中は厳しい弾圧にあったが,これと戦って発行を続けた。…

※「三浦銕太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三浦銕太郎の関連情報