三瓶 孝子(読み)サンペイ コウコ

20世紀日本人名事典「三瓶 孝子」の解説

三瓶 孝子
サンペイ コウコ

昭和期の日本産業経済史研究家 日本労働科学研究所研究員。



生年
明治36(1903)年1月30日

没年
昭和53(1978)年10月16日

出生地
福島県信夫郡福島町(現・福島市)

学歴〔年〕
東京女子大学高等部〔昭和3年〕卒,早稲田大学政経学部聴講生〔昭和6年〕修了

経歴
高橋(亀吉)経済研究所研究員となり、日本経済史を担当。日本資本主義経済の主要部門である綿業が女子労働者によって担われていることに着目。昭和14年退所、16年「日本綿業発達史」を刊行。女性による初めての本格的な経済史研究で、学会の高い評価を得た。15年日本労働科学研究所に入り、農村や工場の実態調査と労働条件の改善を目指す。また労働婦人の社会的地位の向上を求めて、「働く女性の歴史」(昭31年)などの啓蒙的執筆を行った。労働省最低賃金審議会委員なども務めた。他の著書に「染色史序説」(24年)「日本機業史」(36年)、自伝「ある女の半生」(33年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「三瓶 孝子」の解説

三瓶 孝子 (さんぺい こうこ)

生年月日:1903年1月30日
昭和時代の経済史学者。日本労働科学研究所研究員
1978年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android