六韜三略(読み)リクトウサンリャク

百科事典マイペディアの解説

六韜三略【りくとうさんりゃく】

中国古代の兵法書。《六韜》と《三略》。《六韜》は周の功臣太公望の著とされ,《三略》は漢の功臣張良が黄石公から授かったとされるが仮託である。兵法七書中の2を占める。《六韜》は魏晋時代の作。文韜・武韜・竜韜・虎韜・豹韜・犬韜の6巻からなる。韜は弓を入れる皮袋の意。戦国から漢代の兵法戦術を集成したものであるが,単に戦術のみでなく,人間学,組織論,政戦などを説く。《三略》は上・中・下の三略からなり,治国平天下の大道から政略・戦略を説く。後漢から隋の間に成立。《六韜》《三略》とも老荘思想の影響が大きい。日本には《三略》が古く伝えられ,大江氏の兵法の基礎となった。
→関連項目伏見版兵家

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

りくとうさんりゃく【六韜三略】

中国古代の兵法書、「六韜」と「三略」の称。
兵法などの、虎の巻。奥の手。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六韜三略
りくとうさんりゃく

中国の兵書、六韜と三略の2書。前者は太公望呂尚(たいこうぼうりょしょう)、後者は黄石公(こうせきこう)の撰述(せんじゅつ)と伝え、併称して韜略(とうりゃく)の書という。いずれも後世の偽書であるが、宋(そう)代、『武経七書』のうちに組み入れられ、中国古兵法の教科書として広く読まれてきた。六韜は周の文王・武王の問いに対し、呂尚が経世済民(けいせいさいみん)の術、富国強兵の策を説くもので、第1巻は文韜12編・武韜5編、第2巻は龍(りゅう)韜13編・虎韜12編・第3巻には豹(ひょう)韜8編・犬(けん)韜10編、計3巻60編からなり、文・武では治国、龍韜は奇変、虎韜は勇猛果断、豹韜は奇計、犬韜は突進を主題としている。三略は上略・中略・下略の3巻からなり、戦略の機微を上・中・下の三つに分かち、礼賞を設けて奸雄(かんゆう)を分かち、賢者を用いて国の安危を察し、将を御(ぎょ)して衆を暢(の)ぶるの道を明らかにしている。わが国では、934年(承平4)大江維時(おおえのこれとき)が唐から帰朝の際に持ち帰ったと伝え、以後大江家の兵法となり、源家(げんけ)の古伝(こでん)兵法に受け継がれたという。[渡邉一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

りくとう‐さんりゃく リクタウ‥【六韜三略】

[1] 中国の兵書、「六韜」と「三略」の併称。
※性霊集‐三(835頃)与新羅道者化来詩「孫子張良彼何物、六韜三略用此春」
[2] (転じて) 兵法などの極意。奥の手。虎の巻。
※浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)九「此絵図こそは孫呉が秘書。我為の六韜(リクタウ)三略(さンリャク)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる