三番頭(読み)さんばんがしら

精選版 日本国語大辞典「三番頭」の解説

さん‐ばんがしら【三番頭】

〘名〙 江戸時代の幕府の職名の一つ。大番頭・小姓組番頭書院番頭総称。小姓組番頭と書院番頭とを両番頭という。番頭は、組頭、組衆を率いて江戸・駿府・伏見・大坂城の警備、その他に当たった。
※仕官格義弁(1744)三番頭并小十人頭之事「三番頭之儀は、何も古き御役之内、別而大御番頭は古き事之様に承り

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android