三箇の津(読み)サンガノツ

とっさの日本語便利帳の解説

三箇の津

中世の三大港。▽薩摩(ぼうのつ)、筑前博多津(はかたのつ)、伊勢安濃津(あのつ)

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さんが【三箇】 の 津(つ)

① 昔、筑前の博多津、薩摩の坊津、伊勢の安濃津の総称。安濃津に代えて和泉の堺津をいうこともある。
※和訓栞(1777‐1862)「三箇の津といふも坊の津、博多の津、安濃の津をいふ」
② 江戸時代の京、大坂、江戸の三都。さんがつ。
※浮世草子・日本永代蔵(1688)六「人のすみかも三ケ(さんガ)の津に極まれり」
③ 京、大坂、堺の総称。
※摂陽群談(1701)六「世俗、京・大坂・堺を指て、三箇の津と称す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android