コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三草藩 みくさはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三草藩
みくさはん

江戸時代,播磨国 (兵庫県) 加東地方を領有した藩。寛保2 (1742) 年丹羽重氏が美作 (岡山県) より1万石で入封したのに始り,以後廃藩置県にいたった。譜代,江戸城帝鑑間詰。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三草藩
みくさはん

播磨(はりま)国(兵庫県)多可(たか)、加東(かとう)、加西(かさい)、美嚢(みなき)4郡33か村に1万石を領した譜代(ふだい)大名丹羽(にわ)氏の藩。1742年(寛保2)丹羽薫氏(しげうじ)が入部、加東郡上三草に陣屋を構えて立藩。領内は山地にかかり、山年貢や茶・藪(やぶ)の役年貢を上納する所が多く、加古川の水運を利用して商品が流通された。丹羽氏は江戸に在府して幕府の役職を勤め、知行地(ちぎょうち)には家臣を派して治めた。氏栄(うじひで)、氏福(うじよし)、氏昭(うじあき)、氏賢(うじまさ)、氏中(うじなか)と継いで廃藩置県に至る。1871年(明治4)三草県となり、姫路県、飾磨(しかま)県を経て76年兵庫県に編入された。[小林 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三草藩の関連キーワード加東(市)丹羽氏中丹羽氏栄丹羽薫氏丹羽氏昭丹羽氏福丹羽氏賢江戸時代小林

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android