上宮(読み)ジョウグウ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐ぐう〔ジヤウ‐〕【上宮】

一つの神社に複数の社(やしろ)があるとき、位置が最も上方または奥にある社。上社(かみしゃ)。かみのみや。→中宮下宮

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じょう‐ぐう ジャウ‥【上宮】

[1] 〘名〙 地勢の上で上方または奥に位置する宮殿や神社。ふつう山岳で二か所以上に社がある場合、その位置が高い方をいう。
※水台記(1694)「和歌類字抄云、〈御記 後水尾院〉稲荷三座〈宣命 紙黄勅使四位〉下宮〈田中社命婦〉中宮〈四太神黒鳥〉上宮〈小薄〉」
[2] 聖徳太子上宮太子)の宮。また、聖徳太子の別称。
※本朝麗藻(1010か)下・夏日於左監門宗次将父亭聴講令〈大江以言〉「撫民基趾開東閤、体国権輿出上宮

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上宮の関連情報