コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上根 うわね

デジタル大辞泉の解説

じょう‐こん〔ジヤウ‐〕【上根】

[名]仏語。仏道を修める性質・能力がすぐれていること。上機根。「上根上智」→中根下根(げこん)
[名・形動ナリ]根気のいいこと。また、そのさま。
「さてもこなたは―な事ぢゃ」〈咄・御前男・五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうこん【上根】

( 名 )
〘仏〙 仏道修行の素質・能力のすぐれたもの。上機根。上機。 「これみな難行-のつとめ観念成就のさとりなり/歎異抄」 → 中根下根
( 名 ・形動ナリ )
根気のよい・こと(さま)。 「さてもこなたは-な事ぢや/咄本・御前男」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

上根の関連キーワード八千代(広島県)松崎 蔵之助八千代[町]住居侵入罪根岸短歌会ブルース石三条 輝子小沢碧童正岡子規株分け辻 暎領有権上機根上機下根ユリ惣誉仏眼盤根組紐

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上根の関連情報