コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上狛 かみこま

2件 の用語解説(上狛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上狛
かみこま

京都府南端部,木津川市西部の旧町域。 1956年高麗村,棚倉村と合体して山城町となり,2007年木津町,加茂町と合体して木津川市となった。狛 (こま。高麗) の名は,推古天皇時代に高句麗系の渡来人がこの地に定着し開発したことに由来する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上狛
かみこま

京都府南部、木津川(きづがわ)市の北部にあたる地区。旧山城(やましろ)町の中心地区。JR奈良線、国道24号、163号が通じ、山城町役場があった。古代には高句麗(こうくり)渡来の狛氏の居住した所。木津(きづ)川北岸の段丘微高地には国指定史跡の高麗(こま)寺跡があり、講堂跡の土壇などが発掘されている。その東には府立山城郷土資料館がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の上狛の言及

【山城[町]】より

…天神川,不動川,鳴子川などが東部山地から西流,平地で天井川となって木津川に注ぐ。木津川東岸の丘陵末端には椿井(つばい)大塚山古墳(大塚山古墳)があり,北岸の上狛(かみこま)には泉川(木津川)架橋のとき行基が建立した泉橋(せんきよう)寺(橋寺(はしでら)),《日本霊異記》に名のみえる高麗(こま)寺跡(史)がある。〈狛野〉〈狛のわたり〉とよばれたこの一帯はやがて興福寺領狛野荘となり,室町時代には狛野南荘に狛氏,北荘に椿井氏がおり,応仁の乱や山城国一揆を経るなかで勢力の消長があった。…

※「上狛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

上狛の関連キーワード京都府木津川市市坂京都府木津川市梅谷京都府木津川市梅美台京都府木津川市鹿背山京都府木津川市綺田京都府木津川市木津京都府木津川市木津川台京都府木津川市木津町京都府木津川市相楽京都府木津川市吐師

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上狛の関連情報