コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上狛 かみこま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上狛
かみこま

京都府南端部,木津川市西部の旧町域。 1956年高麗村,棚倉村と合体して山城町となり,2007年木津町,加茂町と合体して木津川市となった。狛 (こま。高麗) の名は,推古天皇時代に高句麗系の渡来人がこの地に定着し開発したことに由来する。木津川右岸,奈良街道沿いにあり,古来交通の要地茶業が主産業で,仲買商が多く,茶の集散地としても重要。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上狛
かみこま

京都府南部、木津川(きづがわ)市の北部にあたる地区。旧山城(やましろ)町の中心地区。JR奈良線、国道24号、163号が通じ、山城町役場があった。古代には高句麗(こうくり)渡来の狛氏の居住した所。木津(きづ)川北岸の段丘微高地には国指定史跡の高麗(こま)寺跡があり、講堂跡の土壇などが発掘されている。その東には府立山城郷土資料館がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の上狛の言及

【山城[町]】より

…天神川,不動川,鳴子川などが東部山地から西流,平地で天井川となって木津川に注ぐ。木津川東岸の丘陵末端には椿井(つばい)大塚山古墳(大塚山古墳)があり,北岸の上狛(かみこま)には泉川(木津川)架橋のとき行基が建立した泉橋(せんきよう)寺(橋寺(はしでら)),《日本霊異記》に名のみえる高麗(こま)寺跡(史)がある。〈狛野〉〈狛のわたり〉とよばれたこの一帯はやがて興福寺領狛野荘となり,室町時代には狛野南荘に狛氏,北荘に椿井氏がおり,応仁の乱や山城国一揆を経るなかで勢力の消長があった。…

※「上狛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上狛の関連キーワード京都府立山城郷土資料館山城(京都府)椿井大塚山古墳山城[町]高麗寺跡

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上狛の関連情報