コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上田宜珍 うえだ よしうず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上田宜珍 うえだ-よしうず

1755-1829 江戸時代中期-後期の国学者,陶業家。
宝暦5年10月生まれ。肥後高浜村(熊本県天草町)の庄屋。本居大平(もとおり-おおひら)に師事。天草の歴史を研究し,「天草島鏡」をあらわす。家伝の高浜焼をつぎ,文化元年加藤民吉に磁器の製法をおしえる。のち同地をおとずれた伊能忠敬(ただたか)から測量術をまなんだ。文政12年9月25日死去。75歳。本姓滋野。通称は元作,源太夫。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

上田宜珍の関連キーワード上田元作国学者

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android