コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上絵付 うわえつけ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上絵付
うわえつけ

陶磁器の技術用語の一つで、色絵陶磁(赤絵錦手(にしきで)、五彩ともいう)をつくる色絵の具を釉(ゆう)面に描く工程をさす。一種の鉛釉(えんゆう)である色絵の具を、透明釉の施された素地の上に絵筆を使ってのせるため上絵付の名がある。上絵付用には各種の筆が使われるが、線描(が)きの細い筆と、色面を塗りつめる濃染の太い筆とに大別される。この上絵付は色絵の発祥とともに中国で金(きん)時代に始められたが、現代中国の上絵付技と日本の技法とは細部ではまったく様相が相違してしまっている。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の上絵付の言及

【赤絵】より

…赤を主調とするところから日本でとくに赤絵と総称され,また色絵とも呼ばれ,中国では五彩と呼んでいる。また釉の上に着彩されるところから上絵(うわえ)とか上絵付とも呼ばれる。赤絵は上絵付ものの一種であるが,着彩にはさまざまな中間色を含む色彩を表し,明治以後西欧から輸入され,日本でも改良普及した西洋絵具と和釉(わぐすり)と呼ぶ伝統的な絵釉とが使われる。…

【陶磁器】より

…明代後期の嘉靖・万暦期(1522‐1619)に景徳鎮窯の生産は頂点を迎え,御器廠への生産注文は激増し,御器廠では一部を民窯に委託するという〈官塔民焼の制〉が一般化した。この結果,御器廠は一時期,上絵付だけを行う錦窯だけになったことがあるといわれ,やがて御器廠の衰退を招くことになった。逆に景徳鎮では民窯が活発に磁器焼造を行うことになり,古染付,祥瑞(しよんずい),南京赤絵など日本に将来された茶陶をも大量に生産している。…

※「上絵付」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上絵付の関連キーワード酒井田柿右衛門(初代)名古屋陶磁器会館展示室ベネチア・ガラス須田菁華(初代)焼き付け・焼付け酒井田柿右衛門伊万里・有田焼野々村仁清仁阿弥道八富永 源六星山仲兵衛山手儀三郎五十嵐健二井深 捨吉清水 美山北島 栄助徳田 百吉呉須赤絵万暦赤絵ミナイ彩

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上絵付の関連情報