上船(読み)ジョウセン

デジタル大辞泉の解説

じょう‐せん〔ジヤウ‐〕【上船】

[名](スル)
船に乗ること。乗船。⇔下船
船から岸へあがること。
身共はここより―いたす。かしこの岸に船よせさうらへ」〈滑・七偏人・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうせん【上船】

( 名 ) スル
乗船」に同じ。
船から岸へあがること。下船。 「身共はここより-いたす。かしこの岸に船よせさふらへ/滑稽本・七偏人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょう‐せん ジャウ‥【上船】

〘名〙
① 船に乗ること。乗船
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「女学生四名も皆上船し」 〔杜甫‐飲中八仙歌〕
② 船から岸へあがること。上陸。
滑稽本・七偏人(1857‐63)二「身共はここより上船いたす」

のぼり‐ぶね【上船】

〘名〙
① 川下から川上へ航行する船。
曾丹集(11C初か)「のぼり舟こち吹く風を過すとてせをうしまどになげきてぞふる」
② 地方から大坂・兵庫などの上方(かみがた)へ向けて航海する船。
※浄瑠璃・平家女護島(1719)四「磯に寄せたる登(ノボリ)船すはや是かと渚に下(お)り立」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android