コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上里春生 うえざと はるお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上里春生 うえざと-はるお

1897-1938 大正-昭和時代前期の詩人,社会運動家。
明治30年生まれ。沖縄県立農学校を中退して上京,三木露風にまなび,詩を発表。のち大阪で労働運動にかかわり,郷里の沖縄県にかえって大宜味(おおぎみ)村政革新運動を指導。昭和10年「南洋朝日新聞」主筆にまねかれてサイパン島にわたり,13年客死。42歳。著作に「江戸書籍商史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

上里春生の関連キーワードマキノ雅広久松静児歴史小説バッジ稲垣浩清水宏田坂具隆山本嘉次郎東京大学[各個指定]芸能部門

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android