伊江島(読み)いえじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「伊江島」の解説

伊江島
いえじま

沖縄県沖縄島西部の本部半島の西約 5kmにある。1島で伊江村を構成する。隆起サンゴ礁島で楕円形をなし,全島平坦な石灰岩台地。中央東寄りに古生層チャートからなる標高 172mの伊江タッチュー(別称城山ぐすくやま〉)がそびえ,遠望では巨大な艦船が浮かぶ姿のように見える。北海岸には 60mあまりの絶壁があり,南側は緩傾斜。南面傾斜地が村の中心地。第2次世界大戦の際は飛行場があり,激戦地であった。タバコ,キク栽培のほか,肉牛飼育などが行なわれる。面積 22.77km2人口 5110(2005)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「伊江島」の解説

伊江島
いえじま

沖縄県国頭(くにがみ)郡伊江村の島。沖縄本島本部半島(もとぶはんとう)の北西9キロメートルに位置する。面積22.77平方キロメートル。最高点172メートルの城(ぐすく)山(立塔(たっちゅう))が古生層チャートからなる残丘のほかは、琉球(りゅうきゅう)石灰岩から構成される海岸段丘の地形が主体をなす。全体に低平な台地状の島である。人口4935(2009)。

[目崎茂和]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「伊江島」の解説

伊江島【いえじま】

沖縄島北部,本部半島の北西10kmに浮かぶ島。島全体が国頭郡伊江村に属する。面積22.76km2,東西に細長い形状をなす。農業を主に行ない,葉巻,タバコなどを産する。島の中央東寄りに,航海の目標で〈伊江島タッチュー〉とも呼ばれる城山(標高172m)がある。南岸に港湾施設があり,対岸本部町との間にフェリー航路が通じる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「伊江島」の解説

いえ‐じま【伊江島】

沖縄県、沖縄本島の本部(もとぶ)半島西方海上にある島。沖縄戦の激戦地。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「伊江島」の解説

いえじま【伊江島】

沖縄県,沖縄島(本島)北部,本部(もとぶ)半島の北西10kmにある島。1島で国頭(くにがみ)郡伊江村をなす。人口5131(1995)。面積約23km2,東西8.4km,南北3kmの細長い島。琉球石灰岩で被覆される。島の主要部は高度50m以下の石灰岩台地で,南側に緩傾斜するため北側の海岸は断崖絶壁をなし,一大奇観を呈する。南側の海岸は砂丘も見られ,港湾の施設があって対岸の本島の本部町との間に定期のフェリー船が通じ,観光客が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android