コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊江島 いえじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊江島
いえじま

沖縄県沖縄島北西部の本部半島の西約 5kmにある島。1島で伊江村を構成する。隆起サンゴ礁島で楕円形をなし,全島平坦な石灰岩台地。中央東寄りに古生層チャートからなる標高 172mの伊江タッチュー(別称城山〈ぐすくやま〉)がそびえ,遠望では巨大な艦船が浮かぶ姿のように見える。北海岸には 60mあまりの絶壁があり,南側緩傾斜。南面傾斜地が村の中心地。第2次世界大戦の際は飛行場があり,激戦地であった。タバコ,キク栽培のほか,肉牛飼育などが行なわれる。面積 22.77km2人口 5110(2005)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

伊江島

沖縄本島の北西約9キロに位置する。周囲約22キロで、人口約5千人。45年の沖縄戦では、日本軍の飛行場などの軍事拠点があったために激戦地となり、軍人民間人合わせて約3500人が死亡した。北西部には、島面積の約35%を占める米海兵隊の補助飛行場がある。

(2008-08-12 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いえ‐じま【伊江島】

沖縄県、沖縄本島の西にある島。沖縄戦の激戦地。面積の6割は米軍用地。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

伊江島【いえじま】

沖縄島北部,本部半島の北西10kmに浮かぶ島。島全体が国頭郡伊江村に属する。面積22.76km2,東西に細長い形状をなす。農業を主に行ない,葉巻,タバコなどを産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いえじま【伊江島】

沖縄県,沖縄島(本島)北部,本部(もとぶ)半島の北西10kmにある島。1島で国頭(くにがみ)郡伊江村をなす。人口5131(1995)。面積約23km2,東西8.4km,南北3kmの細長い島。琉球石灰岩で被覆される。島の主要部は高度50m以下の石灰岩台地で,南側に緩傾斜するため北側の海岸は断崖絶壁をなし,一大奇観を呈する。南側の海岸は砂丘も見られ,港湾の施設があって対岸の本島の本部町との間に定期のフェリー船が通じ,観光客が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いえじま【伊江島】

沖縄県北西部、沖縄諸島の島。南東は伊江水道を隔てて沖縄島の本部半島。中央部に「伊江島タッチュー」と呼ばれる城山ぐすくやまがある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕伊江島(いえしま)


沖縄島北部の本部(もとぶ)半島北西沖に位置する島。面積22.8km2。1島で国頭(くにがみ)郡伊江村をなす。第二次大戦の激戦地として知られる。楕円形の島で、中央部の城(ぐすく)山(標高172m)が最高点。南側に緩傾斜し、北岸に断崖(だんがい)が続く。サトウキビ・葉タバコやラン・キクなどの花卉(かき)栽培が盛ん。北西部にアメリカ軍演習場がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊江島
いえじま

沖縄県国頭(くにがみ)郡伊江村の島。沖縄本島、本部(もとぶ)半島の北西9キロメートルに位置する。面積22.77平方キロメートル。最高点172メートルの城(ぐすく)山(立塔(たっちゅう))が古生層チャートからなる残丘のほかは、琉球(りゅうきゅう)石灰岩から構成される海岸段丘の地形が主体をなす。全体に低平な台地状の島である。人口4935(2009)。[目崎茂和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

伊江島の関連キーワード反戦平和資料館 ヌチドゥタカラの家沖縄県国頭郡伊江村伊江島タッチューアーニー=パイルアーニー パイルましゅんく節阿波根 昌鴻沖縄県国頭郡伊江島の村踊真境名 由康黙認耕作地阿波根昌鴻伊江(村)兼城 賢松きーぷぞーサトウキビ上里 春生真境名由康具志原貝塚伊江島空港

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊江島の関連情報