上野 益三(読み)ウエノ マスゾウ

20世紀日本人名事典の解説

上野 益三
ウエノ マスゾウ

昭和期の動物学者 京都大学名誉教授;甲南女子大学名誉教授。



生年
明治33(1900)年2月26日

没年
平成1(1989)年6月17日

出生地
大阪府大阪市

学歴〔年〕
京都帝国大学理学部動物学科選科〔大正15年〕卒

学位〔年〕
理学博士(京都帝大)〔昭和8年〕「淡水産鰓脚類の研究」

主な受賞名〔年〕
勲三等瑞宝章〔昭和46年〕

経歴
京都帝国大学助手、講師を経て、昭和18年助教授。同年理学部附属大津臨湖実験所長、28年教養部教授、38年名誉教授。39年甲南女子大学教授、56年名誉教授。著書に「陸水生物学概論」「日本博物学史」「草を手にした肖像画」「博物学者列伝」「博物学論集」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

上野 益三 (うえの ますぞう)

生年月日:1900年2月26日
昭和時代の動物学者
1989年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android