コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上野岩太郎 うえの いわたろう

2件 の用語解説(上野岩太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上野岩太郎 うえの-いわたろう

1867-1925 明治-大正時代の新聞記者。
慶応3年8月1日生まれ。徳富一敬,星亨(とおる)にまなぶ。「朝日新聞」の初代北京特派員となり,北清(ほくしん)事変,日露戦争に従軍。明治38年北京で「順天時報」社長。44年「新公論」の社長となった。大正14年10月27日死去。59歳。肥後(熊本県)出身。本姓は野口。号は靺鞨(まつかつ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

上野岩太郎

没年:大正14.10.27(1925)
生年:慶応3.8.1(1867.8.29)
明治後期から大正時代にかけての新聞記者。号は靺鞨。野口新作の長男として肥後国(熊本県)に生まれ,後に上野姓を継ぐ。星亨の書生をしたのち,明治22(1889)年『大阪公論』記者となる。『自由党党報』に非内地雑居派を攻撃する論説を書いた。『東京朝日新聞』の初代北京特派員として北清事変(1900)に従軍。日露戦争(1904~05)にも従軍し,37年9月30日付『東京朝日新聞』には上野撮影の遼陽戦の写真が掲載された。上野のもっとも得意としたのは戦地通信で,文章雄健にして精彩に富んだものであったという。38年『順天時報』社長となり,44年からは『新公論』を経営した。<参考文献>黒竜会編『東亜先覚志士記伝』下(復刻,1966)

(小宮一夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上野岩太郎の関連キーワード新聞記者生活派銘酒屋猪股為次上総一川尻東馬柴田かよ関如来羽田浪之紹松宮幹樹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone