上二段活用(読み)カミニダンカツヨウ

デジタル大辞泉の解説

かみにだん‐かつよう〔‐クワツヨウ〕【上二段活用】

文語動詞の活用形式の一。語形五十音図の「イ・ウ」の二段の音(または、それに「る」「れ」「よ」のついた形)で語形変化するもの。「エ・ウ」の二段に語形変化する下二段活用に対していう。例えば、「起く」の語尾が「き・き・く・くる・くれ・きよ」と変化する類。他に、「落つ」「過ぐ」「恥づ」「延ぶ」「報ゆ」など。文語の上二段活用の多くは、口語では上一段に活用する。→上一段活用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かみにだんかつよう【上二段活用】

文語動詞の活用形式の一。語尾が、五十音図のイ・ウの二段にわたって活用するもの。例えば、「落つ」は「ち・ち・つ・つる・つれ・ちよ」と活用し、語尾に「ち」および「つ」が現れる。「起く」「恋ふ」「恨む」「悔ゆ」など。上二段活用の動詞の多くは、口語では上一段活用になる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android