コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上二段活用 カミニダンカツヨウ

デジタル大辞泉の解説

かみにだん‐かつよう〔‐クワツヨウ〕【上二段活用】

文語動詞の活用形式の一。語形五十音図の「イ・ウ」の二段の音(または、それに「る」「れ」「よ」のついた形)で語形変化するもの。「エ・ウ」の二段に語形変化する下二段活用に対していう。例えば、「起く」の語尾が「き・き・く・くる・くれ・きよ」と変化する類。他に、「落つ」「過ぐ」「恥づ」「延ぶ」「報ゆ」など。文語の上二段活用の多くは、口語では上一段に活用する。→上一段活用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

上二段活用【かみにだんかつよう】

活用

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かみにだんかつよう【上二段活用】

文語動詞の活用形式の一。語尾が、五十音図のイ・ウの二段にわたって活用するもの。例えば、「落つ」は「ち・ち・つ・つる・つれ・ちよ」と活用し、語尾に「ち」および「つ」が現れる。「起く」「恋ふ」「恨む」「悔ゆ」など。上二段活用の動詞の多くは、口語では上一段活用になる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

上二段活用の関連キーワード恐れる・畏れる・怖れる・懼れる・惧れる愁ふ・憂ふ・愁う・憂う悲しぶ・哀しぶ・愛しぶ恨む・怨む・憾む満ちる・充ちる生きる・活きる凪ぐ・和ぐ偲ぶ・慕ぶ尊ぶ・貴ぶうながける忍ぶらふ潮干る珠用いる哀れぶ悲しぶ恨みる舌訛む過ぐる忍ぶ満つ