右左(読み)みぎひだり

精選版 日本国語大辞典「右左」の解説

みぎ‐ひだり【右左】

〘名〙
① 右と。右側と左側。左右。
※人情本・春色梅美婦禰(1841‐42頃)三「右左(ミギヒダリ)に細い河があって」
② 右や左。あちこち。方々。
※おぼろ夜(1899)〈斎藤緑雨〉「心には分かぬ物の影の右左(ミギヒダリ)に駆けめぐりて」
③ その場でやりとりすること。右から左。
④ 右と左とを取り違えること。あべこべ反対
俳諧・続俳家奇人談(1832)下「紙雛を男が立て右ひだり」
脈搏心臓鼓動動悸(どうき)
※評判記・難波の㒵は伊勢の白粉(1683頃)二「朝には右左(ミギヒダリ)ひびきかんがへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「右左」の解説

みぎ‐ひだり【右左】

右と左。右方と左方。さゆう。「右左を見て横断する」「右左に居並ぶ」
右と左を取り違えること。「右左に靴を履く」
[類語](2反対ぎゃく逆様さかさまさかあべこべかえって裏腹うらはら裏返し裏表うらおもて上下うえした後ろ前正反対真逆本末転倒主客転倒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android