コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下妻政泰 しもつま まさやす

1件 の用語解説(下妻政泰の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下妻政泰 しもつま-まさやす

?-1343 南北朝時代の武将。
小山長政の孫。常陸(ひたち)(茨城県)下妻の地頭。居城の大宝城に興良(おきよし)親王,春日顕国(あきくに)をむかえ,大宝湖の対岸の関城主関宗祐(むねすけ)とともに北畠親房(ちかふさ)をささえ,北朝方とたたかう。康永2=興国4年高師冬(こうの-もろふゆ)に攻められ,11月12日自刃(じじん)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の下妻政泰の言及

【下妻[市]】より

…この地からは平安期に桓武平氏大掾氏流の下妻氏,鎌倉初期には藤原秀郷系小山氏流下妻氏,ついで清和源氏頼政流の下間氏が発祥した。1340年(興国1∥暦応3)下妻政泰は北畠親房に応じて大宝城に拠って戦ったが,43年落城して戦死した。戦国期から多賀谷氏の城下で,織豊期重経の代に6万石の城下町として整備されたが,1601年(慶長6)改易となった。…

【大宝城】より

…鎌倉末期,下妻氏は北条氏の圧迫を受け勢力をそがれるが,建武新政期その反動もあってか,この地域は南朝方の有力な根拠地となる。1341年(興国2∥暦応4)春日顕国は興良親王を奉じ,城主下妻政泰に迎えられて,この城に入る。以後2年にわたる激戦のすえ43年11月,大宝沼北岸の関城とともに落ち,城主政泰は戦死した。…

※「下妻政泰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

下妻政泰の関連キーワード洞院公賢祇園執行日記2010年参院選本門寺ビチレブ島神皇正統記ピサ市河興仙上杉清子菊池武光

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone