コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春日顕国 かすがあきくに

2件 の用語解説(春日顕国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

春日顕国
かすがあきくに

[生]?
[没]興国5=康永3(1344).3.9.
南北朝時代の南朝の武将。のち顕時と改名。北畠顕家,親房を助け東国で活躍,のち興良親王を補佐し,親房が吉野に帰ったあとも奮闘したが捕えられ殺された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春日顕国 かすが-あきくに

?-1344 南北朝時代の武将。
南朝につかえ,建武(けんむ)3=延元元年侍従となる。北畠顕家(あきいえ)にしたがい,常陸(ひたち)・下野(しもつけ)で活躍。のち常陸の小田城によった北畠親房(ちかふさ)をたすける。康永2=興国4年関城・大宝城が陥落,親房が吉野へ敗走したのちも,東国の南朝方の中心として奮戦したが捕らえられ,康永3=興国5年3月9日殺された。名はのち顕時。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の春日顕国の言及

【大宝城】より

…鎌倉末期,下妻氏は北条氏の圧迫を受け勢力をそがれるが,建武新政期その反動もあってか,この地域は南朝方の有力な根拠地となる。1341年(興国2∥暦応4)春日顕国は興良親王を奉じ,城主下妻政泰に迎えられて,この城に入る。以後2年にわたる激戦のすえ43年11月,大宝沼北岸の関城とともに落ち,城主政泰は戦死した。…

※「春日顕国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

春日顕国の関連キーワード内談方金史ベンネビス山オルレアン[家]遠谿祖雄大高重成吉良満義慶運巨勢有久大陽義冲

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone