コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下村善太郎 しもむら ぜんたろう

2件 の用語解説(下村善太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下村善太郎 しもむら-ぜんたろう

1827-1893 幕末-明治時代の実業家。
文政10年4月28日生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)前橋で家業の小間物屋をつぐ。米相場に失敗し,武蔵(むさし)八王子(東京都)で熨斗(のし)糸商をはじめ,横浜開港後,生糸輸出で財産をきずく。のち前橋へもどり,生糸商店を経営し,明治10年製糸会社昇立社を設立。高崎から前橋への県庁移転につくし,25年初代前橋市長。明治26年6月4日死去。67歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

下村善太郎

没年:明治26.6.4(1893)
生年:文政10.4.28(1827.5.23)
幕末明治期の生糸商・初代前橋市長。上野国前橋本町(群馬県前橋市)の小間物商重右衛門の長男。16歳で家業を継いだが,賭博に凝り身代を潰した。24歳のとき八王子に移り,糸屋源兵衛に資金を借り熨斗糸商を始め,のちに繭買いや製糸を業とした。開港後中国商人に生糸を売り,莫大な利益を得た。安政4(1857)年帰郷,生糸売り込み商仲居屋重兵衛と連携,屈指の荷主として盛んに生糸を買い付け産をなした。その一方,私財を投じて地方交通網の整備や県庁移転等にも尽力,明治25(1892)年初代前橋市長となった。<参考文献>岡部福蔵『上野人物志』中

(古庄正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下村善太郎の関連キーワード群馬前橋市前橋工科大学厩橋秋山金次郎有賀善五郎(13代)書上順四郎手塚清五郎渤海翁若尾幾造(初代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone