コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下村宏 しもむら ひろし

美術人名辞典の解説

下村宏

朝日新聞社副社長。法学博士。和歌山県生。海南と号する。東大卒。郵便局為替貯金管理所長・台湾総督府民政総務長官。貴族院議員。日本体育協会会長・東京商業学校校長。日本放送協会会長。鈴木内閣国務大臣・情報局総裁。国立公園審議会会長・浄曲会総裁。NHK論説委員。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下村宏
しもむらひろし

[生]1875.5.11. 和歌山
[没]1957.12.9. 東京
政治家,新聞経営者。号は海南。法学博士。東京帝国大学法学部卒業後逓信省に入り,台湾総督府民政長官を経て,1922年村山龍平に招かれ朝日新聞社に入社。ただちに取締役となり,1930年副社長,緒方竹虎石井光次郎らを擁して,特に東京での『朝日新聞』の発展に功績があった。 1936年退社して貴族院議員となり,1943年5月から2年間日本放送協会会長を務めた。続いて鈴木貫太郎内閣の国務大臣となって情報局総裁を兼ねた。『終戦秘史』のほか,随筆歌集など著書多数がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下村宏
しもむらひろし

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の下村宏の言及

【郵便振替】より

…最初に国営の郵便為替制度を導入したのはオーストリアであり,1883年に郵便小切手および振替計算制度という名称で発足した。機能的には銀行の当座預金とほとんど同じであるため,他のヨーロッパ諸国では銀行の反対から郵便為替制度の採用は遅れ,日本は1906年下村宏(号,海南,1875‐1957)等の努力により,オーストリア,スイスに次ぎ世界で3番目にこの制度を導入した。当初は,郵便為替貯金という名称で郵便貯金の一種として発足し,送金や決済後の口座の残高に対しては利子が付された。…

※「下村宏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

下村宏の関連キーワード下村 房次郎東京朝日新聞広田弘毅内閣下村 海南取締役

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下村宏の関連情報