コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井光次郎 いしい みつじろう

美術人名辞典の解説

石井光次郎

政治家。福岡県生。東京高商(現一橋大)を卒業後、内務省を経て朝日新聞に入社。戦後は総選挙に自由党から出馬し当選。一時期政界を離れ朝日放送初代社長に就いたが、復帰後は吉田内閣運輸相・自由党幹事長・自民党初代総務会長・岸内閣副総理・池田内閣通産相・佐藤内閣法相等を歴任。ほかに日本体育協会会長・日本ゴルフ協会会長なども務めた。昭和56年(1981)歿、92才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井光次郎 いしい-みつじろう

1889-1981 昭和時代後期の政治家。
明治22年8月18日生まれ。久原(くはら)房之助の娘婿。台湾総督府参事官などをへて大正11年朝日新聞社にはいり,昭和15年専務。21年衆議院議員(当選10回)。22年商工相,27年運輸相。29年自由党幹事長となって保守合同をまとめる。自民党石井派の領袖として総裁選に2度出馬したが敗れる。通産相,法相をへて,42年衆議院議長。昭和56年9月20日死去。92歳。福岡県出身。東京高商(現一橋大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石井光次郎
いしいみつじろう

[生]1889.8.18. 福岡
[没]1981.9.20. 東京
政治家。 1914年,東京高等商業専攻科卒業,警視庁や台湾総督府に勤務後,22年朝日新聞社に入社。 45年朝日専務を退き,翌 46年,政界に入った。吉田内閣の商工相,運輸相,54年自由党幹事長を歴任。 55年の保守合同自由民主党総務会長となる。 56年と 60年に同党総裁選挙に立候補したがいずれも敗れた。岸内閣の副総理,池田内閣の通産相,佐藤内閣の法相となり,67年から2年間,衆議院議長の座にあった。 72年に引退したが,自由民主党長老の地位にあった。また 62年から 75年まで,日本体育協会会長をつとめた。政権の夢は果さなかったが,幸運,清潔,穏健な保守政治家として終始した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

石井光次郎の関連キーワード日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約東京朝日新聞石橋湛山内閣石井 好子石井好子下村宏党人派

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android