コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下村海南 シモムラカイナン

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下村海南 しもむら-かいなん

1875-1957 大正-昭和時代のジャーナリスト,政治家。
明治8年5月11日生まれ。下村房次郎の長男。台湾総督府民政長官などをへて,大正10年大阪朝日新聞社入社,のち副社長。昭和12年貴族院議員。18年日本放送協会会長。20年鈴木貫太郎内閣の国務相兼情報局総裁となり,終戦処理にあたった。歌人としても知られた。昭和32年12月9日死去。82歳。和歌山県出身。東京帝大卒。本名は宏。著作に「終戦秘史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しもむらかいなん【下村海南】

1875~1957) ジャーナリスト・政治家。和歌山県生まれ。本名、宏。東大卒。朝日新聞社に入社、のち副社長。勅選貴族院議員。第二次大戦終戦時、鈴木内閣の国務相・情報局総裁。著「終戦秘史」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下村海南
しもむらかいなん

下村宏」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下村海南
しもむらかいなん
(1875―1957)

大正・昭和期の新聞経営者、政治家。本名宏。明治8年5月11日和歌山県生まれ。東京帝国大学政治科卒業。大学講師を経て逓信(ていしん)省に入り、貯金局長などを務める。1915年(大正4)台湾総督府に移り、民政長官、総務長官を歴任。1921年村山龍平(むらやまりょうへい)の招請により朝日新聞社に入社した。1922年専務、1930年(昭和5)副社長に就任。資本主義企業に脱皮しつつあった朝日新聞社の組織の近代化に大きな役割を果たした。1936年広田弘毅(ひろたこうき)内閣の拓務相にあげられたが、軍部の反対のため実現しなかった。のちに貴族院議員に勅選された。1943年に日本放送協会(NHK)会長、1945年には鈴木貫太郎内閣の国務相兼情報局総裁となるなど、太平洋戦争期の言論、報道の中枢を担った。
 戦後は各種の政府委員などを務めたほか、1953年(昭和28)の参議院議員選挙に「公明選挙」を唱えて全国区から立候補したが落選した。佐佐木信綱(ささきのぶつな)門下の歌人としても有名。昭和32年12月9日死去。[有山輝雄]
『下村海南著『新聞に入りて』(1925・日本評論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の下村海南の言及

【郵便振替】より

…郵便為替口座を仲介とした送金および債権債務の決済方法。地方貯金局に加入者が口座を設け,(1)払込人が加入者の口座へ資金を払い込む,(2)加入者の口座から他の口座へ預り金の振替を行う,(3)加入者の口座から預り金を払い出し受取人に引き渡す,という三つの利用態様がある。 歴史的には,振替預金Giroguthabenの存在を前提として,現金の授受ではなく,その預金の帳簿上の付替えによって支払取引を決済させるという,ドイツを中心としてヨーロッパ大陸で発達した振替制度Giroverkehrを模範とする制度。…

※「下村海南」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

下村海南の関連キーワード角膜移植術昭和時代下村正夫翁久允下村

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android